宇宙の共通言語「神聖幾何学」

立体意識の世界「火と水は同じものだった!」


綿棒を紡いで、神聖幾何学立体を創り上げていった先に、

実は、「火と水は同じものだった!」という気づきが待っています。
創ることなしに決して行きつくことのできない気づきの世界ですね。

日本の古き御社(おやしろ)、とりわけ東北地方の古き神社では、表参道に火の化身である不動明王が、

奥に進んでいくと水の化身の大神がお祀りされている光景にしばしば出会います。

大滝や湧水の地に祀られる不動明王。日輪磐座(火)を祀る神社の表参道に弁天さま(水)。

火と水を合わせて神としてきた平面次元から、火と水は実は同じもので、

風、土と共に4つのエレメントへと姿を変えつつ、
それぞれが共に活かし合い、お互いのコンビネーションによる周波数が調ったときにこそ

初めて普遍なる法則として、その御働きとして万物が発生します。


知識だけでは知ることのできない領域。言葉では説明不能な世界。
行動こそが光道、立体意識の岩戸開きに向けた表参道ですね。


綿棒ワークは、不可欠にして、あくまで立体意識への入り口であることを理解することの大切さ。
更なる奥行きに向けて、道理・道筋をガイドさせて頂いているのが、神川における神聖幾何学幼稚園です。

「どのような方も全員ゼロスタート。」「みんなイチからやり直し。」

その意味を初めにちゃんとお話ししています。

「神聖幾何学って何?」
「何故それが世の中を、人々の意識を変えていく可能性を秘めているの?」
「どうして綿棒ワークなの?」
「その奥行きに何が待っているの?」

納得のいく答えを受け取れるところで学びましょう、たったひとつの宇宙の真理だけは。


ということで、第二回 神川秘密(火水)セミナーを開催します。

ご興味のあるかたは、是非お早めにお申し込みください。

「神聖幾何学(宇宙の法則)を生きる」ことのへのチャレンジ。
その実践から湧き上がる泣き笑い。刹那と妙な幸せ感について。
スペシャルゲストをお招きして皆さんと分かち合えれば!と思っています。

日程:2021年7月13日(火)

時間:正午12:00開場 午後12:30開始~16:00終了予定

場所:埼玉県神川町

(アクセス詳細は御申込があった方にお送りいたします)

メインスピーカー:礒 正仁(スペシャルゲストとの対談も予定)

参加費:12,000円+消費税 =13,200円

申込み方法:下記のフォームをお送りください。

7月13日セミナーお申込みフォーム

送信が完了しました。